甘い青をした夕空

Twitter @vvv_1206

井ノ原快彦が好きだ

井ノ原くんお誕生日おめでとう!!!

 

 

誕生日シリーズ(?) 、今年はトニセン書くよ!

まず井ノ原くんだよ。あと2ヶ月で坂本くん。そのまた2ヶ月後に長野くん。

 

 

 

突然ですが、オタク用語あるあるの「リアコ」。

わたしはこれを井ノ原さんを指す言葉だと思ってます。イノッチめっちゃリアコじゃん……って思ったことあるジャニオタ、たぶん60000人はいる。いのはらくんめっちゃリアコじゃない!?!?!?わたし現在大学3年生ですけど、ゼミにいのはらくんみたいな男の子いたら何をどう考えても好き。最初の顔合わせでちょっと緊張気味のみんなを自己紹介で笑わせてくれて、わたしが自己紹介したあとに「○○さん!めっちゃ覚えやすい名前じゃん!」とか言って盛り上げてくれる。普通ならいきなり下の名前で呼ぶんかよ…ってなるけどいのはらくんに呼ばれるのはなんか嫌いじゃない。んで飲み会のときも気づいたらいのはらくんを中心にした輪ができてて、「井ノ原お前いい奴だな〜!」とか先生に言われてそう。集合写真撮るときとか普通に肩組んできたりしそう。好きやんそんなの。ギター弾けるけど軽音サークルには入ってなくて、地元のちっちゃいCD屋でバイトしてる。音楽フェスは行かない。彼女はいるかいないかわかんないけど、「彼女欲しい〜!」とか言わないし、でも他の人が恋人の話しててもうんうん頷いてるだけだし、どっち…?ってなるけどそんなこと聞いて気まずくなるのが怖くて聞けない。1コ上の社会人の彼女とずっと付き合ってるらしいみたいな噂だけずっと流れてる。そしてその噂を確かめることもできないまま結局「好き」を伝えられずに卒業する。どうも、いのはらくんリアコ過激派です。

 

 

 

わたしは尖ってた頃の井ノ原くんをリアルタイムで追っていたわけではないけど、アリーナのセンターステージでアコギ一本でアップルパイを歌っていた頃の井ノ原快彦のサブカルみをめちゃくちゃ愛している。あの骨ばった身体で、真顔で、すこし醒めた雰囲気を醸し出す井ノ原快彦さん…愛… 

井ノ原くんの作る曲がほんとうにめちゃくちゃ好きで。ポジティブな歌詞なのに井ノ原くんが歌うと一歩引いたというか、ちょっと醒めた曲になるの最高じゃない???「二人手と手を繋いでみれば 恋愛開花の音がするんだ」というセンスよ… アップルパイ音源化まだか???

 

 

おかださんに「あの頃を考えたら今の優しいイノッチが信じられない」と言われるほど丸くなった今の井ノ原くんもだいすきです。国民の朝の顔!あさイチを卒業した今でも国民の顔だゼ!!!心とともに後頭部も丸くなったね…(愛)

ちなみに(?)有働さんの「ウドウロク」に載ってる「イノッチ」というエピソード、井ノ原さんの人間性を象徴している最高なエピソードなので全世界に読んでほしい。全世界が井ノ原くんに惚れます。

 

 

 

 

さて、ここまで井ノ原さんの好きなところを羅列しましたが、わたしがいちばん好きな井ノ原快彦はなんと平然とした顔で狂ったことをする井ノ原快彦なんですよ…重要なので太字です…。会報の4コマ、毎度毎度いつみても意味がわからない。最高。今回の特捜9 season2に向けてのジャニウェブのコメントもめちゃくちゃ好き。「弾いてみてください」とは。あと直近でいうとSuper Powersのリリースコメのヒロシのくだり(?)も好き。あれがウケを狙って考え抜いたものじゃなくて、ほぼ脳直で発信してるのがもう好きすぎる。メンバーのコメントをおうむ返しして全肯定するのとかよくやってるけど、あれも好きですね。わたしは笑いながら人を刺すサイコパスを違和感なく演れそうな人がめちゃめちゃ好きなんだ…今の井ノ原くんに根っから狂ってる頭のおかしい人間を演じてほしいです…それこそヒメアノ〜ルの森田みたいな、会話が通じないタイプの人間。演って!!!おねがい!!!

 

 

 

 

こんな感じで(?)わたしの井ノ原さん愛を吐き出したところで終わります!!!井ノ原さんおめでとう!!!ありがとう!!!43歳の1年も素敵な日々が続きますように!

 

 

 

岡田准一が好きだ

 

 

おかださん38歳のお誕生日おめでとうございます!!!

 

 

 

恒例の(?)誕生日ブログ、書くよ!正直ほんとうにブログ書いている場合ではないのだけど、やること山積みなんだけど、でも書きたい。オタクの性。

 

 

あ、カミセンしか書いてないのは別にカミ担とかそういうことではなく、タイミングもろもろが……来年はトニも書きたい……

 

 

 

 

 

何を隠そうわたしのV6への入り口はおかださんです。おかださんが堂上教官を演じてくれてよかったと、いち原作ファンとして未だにずっとずっと思ってます。原作小説は、わたしの思考の指針になっている もはやバイブルなので、実写化が発表されたときは正直戸惑ったけど、あの世界観を3次元で実現してくれておまけに「恋の障害」を地上波でやってくれるなんてほんとうに実写チームありがとうという思いしかない。プレミアムボックスそろそろ擦り切れるんじゃないかってくらい観てるよ。図書戦に関しては語りだすと止まらないからあるかもしれない実写続編が発表されるまで胸の内にとどめておこう……

 

 

 

 

おかださんの考え方がとても好きです。悩みながら自分なりの正解を見つけていくやり方、とてもかっこいい。文章も好き。文体はやわらかいのに、芯の強さが出てる。すごく読みやすい。ちなみに健くんはロマンティックなのにロジカルな文章を書くし、井ノ原くんはエッセイ向きというか、サブカルな文章だなあと思っている。剛くんはやさしくてやわらかい。坂本くんはイケオジの文章(笑)長野くんはオバちゃんぽい。(悪口じゃないよ!)

 

 

 

 

 

14歳で親元を離れて東京に出てきて、混沌と欲望が入り混じる芸能界という場所で、女の子の熱狂を浴びる学生時代を過ごし、人生の半分以上アイドルしてるってほんとうにすごい、と改めて思う。これは剛健にも言えることだけど。もしジャニーズが女子ドルと同じくらいのアイドル寿命であったとしたら、おかださんは20歳前に惜しまれつつ卒業していたんじゃないかな〜なんて。剛健という圧倒的存在と一緒にアイドルとして活動して、本来の自分と虚像の自分に悩みながら、自分の居場所を探す学生時代なんてわたしなら耐えられない。だからこそ、10代20代のおかださんが多くの大御所俳優と共演して「演ずる」という道を見つけたこと、尊いなあと思う。「もはやアイドルじゃない」ってよく言われてるし、体型もしょっちゅう変動するし、もはや武道家みたいになってるけど、おかださんに俳優という道があってよかったなあ。

 

 

 

 

たくさんの代表作を持つ、アカデミー俳優岡田准一も、5人のお兄ちゃんに未だに赤子みたいに可愛がられてる末っ子オカダも大好きです。サワコの朝での「(5人に)すっごい嫌われてもすっごい好きなんだと思うんです」という言葉、定期的に噛み締めてる。自分を追い詰めた反動で、ブレーキの効かない変態おじさんになってても愛しい!そのままの君がすき!幸せな人生を歩んでください!38歳の1年も素敵な日々でありますように♡

 

 

 

 

 

三宅健が好きだ

 

健くん39歳のお誕生日おめでとうございます♡

 

 

 

決して日付を間違えたわけでも、忘れていたわけでもございません…時間が…なかったんです……(でもミュージックデイと音楽の日はちゃんと観た)

 

 

 

 

2年前の剛くんの誕生日(2年前!?!?)に続き、健くんへの思いを記しつつ、先日御園座にて滝沢歌舞伎を観劇したので、それについての感想も残したいと思います〜!イエーイ!

 

 

 

 

 

わたしが健くんに堕ちたキッカケは「ホールドアップダウン」のラストシーンです。まだV6を好きになりはじめた頃で、関ジャニファンのクラスメイトが何故か持っていたHUDのDVDを借りて、ほえ〜と思いながら観ていて、井ノ原さんの結婚式(語弊)でカメラを構えて微笑む健くんを見た瞬間に、「あ、わたし三宅担になる」って思いました。懐かしい… 元々邦ロックが好きだったので、曲を聴いて一発で好きになることはあれど、画面越しの人に自分が堕ちる音を聞いたのは初めてでした。あの衝撃は忘れられないなあ… ちなみにホールドアップダウンよりハードラックヒーローが好きです。

 

 

 

 

健くんの好きなところ、ありすぎてなんかもうよくわからない。(?) でも頭がよくて気遣いができるひとに憧れるので、そういうところかも。にこ健読んでてもMCやバラエティー見てても思うけど、聡明な人だよねえ。でもおっちょこちょいだしたまに空回りしちゃう。そこも好きです。そこが好きです。

そして地域のセンターに通って手話を取得したことも、自分でダンススクールに通っていたことも、本当に尊敬する。努力の人。ぶいしっくすは6人とも優しいし、みんな歳を重ねて穏やかになったし、涼しい顔して裏でめちゃくちゃ努力してるし、スタッフさんのことも大事にするし、人生を楽しんでるし、すごく憧れのオトナ像だなあ。

話が逸れた。顔ももちろん好き…ていうか顔が好き……わたし薄めの犬顔が好きっぽい。田中圭とか中村倫也とかどタイプ。健くんってめちゃくちゃ犬顔じゃないですか?ここ数年の健くんのビジュアルまじで絵画すぎてたまに息止まる。まさか「アーーー顔がいいーーーー!」って叫ぶ人生になるとは思わなんだ。

あとはやっぱりキラキラしてることかなあ。いつまで経っても少年みたいな心を忘れないひとだなあと。サボテンにメンバーの名前つけて愛でてるのも、コンサートのたびに自分に魔法をかけてることにも、もう愛しくて言葉が出ない。健くんってもう存在がエモいよね。20近く年上のおじさんに愛しいという感情が芽生えるんだから、アイドルってすごい(笑)健くんは考え方や振る舞いは年齢を重ねて大人になっているけど、ふとしたときの悪戯っぽい顔とか絡み方のしつこさとか、そういう変わらないところも素敵だし、天性の愛される才能があるんだなと思う。好きだ〜。

 

 

 

 

そんな愛され力があって人たらしな健くんだけど、後輩にはあんまり心を開いていない印象だった。人見知りだし。大人に囲まれて育って、年下といえば岡田さんだけだったそんな健くんが、とても楽しそうにジュニアの子たちと共演していることが、なんだか本当に不思議だった。滝沢歌舞伎2018、とってもとっても面白かったです。わたしは2015年以前の滝沢歌舞伎を知らないのであまりわからないけれど、スタイリッシュな演出は健くん案なんだろうか。ジャニーズ舞台ってとっつきにくい印象で、ストーリーわかるんだろうか…と思ってたけど全然心配いらなかった!さすが10年以上続いてるだけある…もういっかい観たい…チケットがない…って感じだった。チケットがほしい。

佐久間くんと向井康二くん以外のジュニアの顔と名前がほとんど一致しないまま観劇したので、一幕で健くんに似てる髪型の子スタイルいいしイケイケだな…って思ったのに名前がわからなくて幕間でパンフレット読み込むという。(目黒蓮くんでした) 林くんは歌が上手でびっくりしたし、関ジュの爪痕残してやる感もよかった。すのーまんはみんな貫禄あるねえ。あとSPARKの佐久間くんのダンス、ちょっとごうくんを感じた。足が2ミリ浮いてるやつね…森田さんが無意識にやってることを佐久間くんは意識的にやってるのかな〜みたいな。知らんけど。

 

 

逆転ラバーズをちゃんと聴いたのは御園座が初めてで、健くんが愛しそうにジュニアの子たちを見ていて、それを受けたジュニアの子たちもめちゃくちゃ楽しそうで、タッキーもニコニコしていて、ちょっぴり泣いた。あの空間サイコーだったな。LOVEの歌詞も健くんらしく優しくて愛に溢れていて。今回のCD化で書き直されたDメロ、

 

いつも握った手は

きっと永遠じゃないから

君の弾けるような

笑顔を守りたいよ

 

エモすぎないか???光GENJIの解散を目の当たりにして、10代で永遠なんてないんだと悟った健くんの、タッキーとジュニアのみんなへのラブレターだよ… 健くんは警戒心強いし誰とでも仲良くなるタイプじゃないけど、一度受け入れたらずっと大事にするひとだと思ってるので。(そういうところも好き) ラヂオで佐久間に誕生日コールしたときびっくりしたけど、剛くんにも毎年してるっぽいし、遠い昔のオカダの誕生日にふたりで獅子座流星群見に行ってるし、と思って納得した。この3年間で、健くんが大事に想う場所が、人が、増えてよかったなと思った。本当にタッキーありがとうだよ…

 

そしてKEN☆Tacky CDデビューおめでとうございます!最初は☆かよ!!!とか思ってたけど二人の顔面美を前にそんなことはどうでもよかった。おいしい関係のふたり、たくさん露出していただいてありがたい限りです。せっかくの趣味活動だから、こちらも全力で!盛り上げたい!夜会もMステもVS嵐も楽しみだ…!

 

 

 

 

 

 

ただひたすら、健くんの毎日がいつも楽しく愉快で幸せな日々であることをずっとずっと願っています。わたしはアイドルのリアルはどうでもいい、というより私生活では幸せでいてほしくて、結婚してもむしろ喜んでしまう。いちばんオタクやめられないタイプの人間だ〜 あ、別に結婚しなきゃ幸せじゃないってことじゃなくてね!毎日がハッピーでありますようにってことです。アイドルなんて生きてるだけでファンサですから。いつも我々のことを気にかけてくれてありがとうだよ… 今年もV6と健くんを追い続ける1年だよ。秋の舞台も楽しみだ〜!森ノ宮ピロティホール!39歳の健くんにたくさんサンキューを伝えられる1年になりますように!改めてお誕生日おめでとうございました㊗︎

 

 

 

 

 

ごうくーーーん!!!

 

 

メンバーの慶事のたびに更新するブログになってきた。

 

 

 

ものすごく私事なんですけど、今 免許をとるためにおうちを離れて寮暮らししてるんです。朝起きてラインニュースの通知みて「えっっっっ」っつってクソデカイ声で叫んでもうて友だちをびびらせてしまいました。一瞬で目が覚めた。実技の運転練習中も気づいたら思い浮かべてしまってルートを忘れかけました。ほんとに一日中考えてた。夜は泣きながらアンナチュラル観たけど。

 

 

 

 

 

 

「結婚できなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです」

 

 

昨年度のゼクシィのコピーなんだけど、この一連の広告コピーが大好きでして、今回のことでなぜかこの言葉を思い浮かべてしまいました。これまでのインタビュー等を読んで、ごうくんは結婚に対してあまり特別な感情を抱いていないように感じていたし、このままお相手とも事実婚のような感じでいくのかな〜なんてぼんやり考えてたからかなあ。常にオンナからモテているオーラはあるけど、身を固めるタイプではないと思っていた。(褒めてますよ) でも、あくまで報道だけれども、「お子様のためを思って」結婚を決めたと聞いて、ああ ごうくんだなあ、、、かっこいいなあ、、、となりました。

姉さん女房をもらって、結婚と同時に女の子のパパになるごうくんかっこよすぎて無理。無理ちゃうけど。

 

 

 

 

20周年を迎えてからのごうくんの柔らかい雰囲気や、穏やかさや、服装のセンスは、ここから来ていたのだなと思うと、なんていうかもう、優しい気持ちになった。(?) 「ボク・空・キミ」を選んだ理由も、ごうくんが語っていた歌詞の世界観も、ストンと腑に落ちたというか…

 

 

でも、ごうくんは変わらず表現者としてい続けてくれるのだろうという漠然とした確信は何故だかある。蜷川さんがおっしゃっていた「疎外感」に、穏やかさを兼ね備えて、これからもステージの上に、板の上に、立ち続けてください。

 

思えば蜷川さんが繋いだご縁だものなあ。きっと運命的なものがあったんだろうな。素敵だ…!

 

 

 

 

 

そして昨日から待ち続けたメンバーのコメントが今朝出たわけですが、もう、健くんのコメントがエモすぎて泣きそうになりました。「親愛なる剛へ」なんてもう。手紙じゃん。「親愛なる君へ」じゃん。20年以上、中学生の頃から一緒にいる相手が、人生の節目を迎える。どんな気持ちなんだろう。改めて剛健のすごさを思い知る…。そして、やっぱりわたしは健くんの紡ぐ言葉が好き。

「素晴らしい伴侶と人生の良き旅を!」

すごく素敵な言葉。すき。わたしも願ってるよ、ごうくん、良き旅を!

 

 

 

ジャニーズの、アイドルの常識をどんどん覆していく6人が変わらず大好きです。ONESコン映像は合宿免許の前にざっくり観たのだけれど、どの特典も総じて愛しかった。(また落ち着いたら感想書きたいけどたぶん時間がない)

これからもずっとずっとなかよしで、煌びやかで夢のような空間に立ち続けていてほしい。アイドルでい続けてください。そして、どうかみんな末永くお幸せに。6人の毎日が明るく楽しく愉快な日々でありますように!(壮大)

 

 

 

剛くん本当におめでとうございます♡♡♡

アイドルってなんだろう

ずっとずっと考えてしまう。

今バズっている例のブログのこと。

さっきTLをみてたらツイートが2万RTを超えていて、なんかもう堪らなくなって衝動的に書き始めてしまった…(バイト休憩中)

 

 

 

 

これ以降あくまでわたしの意見です。

 

 

あのブログを全面的に否定するつもりはもちろんないです。先のエントリーでも書いたけど、オタクの数だけ感情はあるし、それを発信することは自由だから。わたしだって祝福のブログ書きましたし。でも、「アイドル岡田准一はファンへの愛がなかった」と断言されていることはどうしても嫌で、無性に腹が立って、そして悲しかった。わたしみたいな他の畑からきた人間にすれば、岡田さんはちゃんとアイドルです。立派にジャニーズアイドルだと思います。もし本当に愛がないのなら22年もV6でアイドルしてないよ、絶対。いくらメンバーが好きだからって、本当にアイドルという仕事が嫌なら続けられないよ。わたしがV6に出会うこともなかったはずだよ…

オカダにはオカダのアイドル像があって、それは健くんとはまたちがうものでしょう?岡田さんがアイドルじゃなかったのではなくて、自分の中のアイドル像に当てはまらなかっただけじゃないのだろうか。知らんけど。

 

きっと今回のことは原因ではなく引き金で、積もり積もった思いが爆発したのだと思う。そしてあのRT数と多くのコメントは、同じ思いを抱えていたひとがたくさんいるということなのだろうとも思う。反抗期時代をあとから文面や映像で追っている奴に何がわかるんだと思う方もいるかもしれない。でも、それでも、あのブログに、ツイートのリプ欄に、「共感しました」というコメントと共に、彼の人格やアイドルとしての今までを否定し、貶めるコメントがついているものがかなりたくさんあること。他グループ担の方の、無邪気かつ心をえぐる言葉が並んでいること。悲しくてやるせなくて心が死んだ音がした。

 

 

 

今まで応援してきたんでしょう?救われてきたんでしょう?辛いときや大変なときに支えにしてきたんでしょう?好きだったんでしょう?どうして昨日まで大好きだった人を、ナイフで刺すんだろう。コメントを残した人が今回の件でしんどいのと同じように、そのコメントで心をえぐられるファンがいることも考えてほしかったな。好きな人を根底から否定されるのは辛いよ。向こうからしたらわざわざ読みにくんなよドMかよって話ですかね。

 

 

 

悲しい、つらい、腹立つ、受け入れられない、ショック。そんな感情を持つこと、そしてその抱えきれない想いをネットに吐き出すことは決して、決して間違ってない。アイドルとファンの関係において、ある意味正常な反応のひとつだとも思う。悲しみを抱えながらそれでも学校へ、会社へ向かう方がいることを思うと胸が痛む。でも、だからこそ私は、共有される「負」の感情が「悪意」になりかけているのが怖い。それがなによりも恐ろしくて、やるせなくて、休憩のたびにひとりでiPhoneでこんなこと打ち込んでる。どうかみんなの悲しみが憎しみに変わりませんように。 共有されるのは悪意ではなく、感情でありますように。不器用だけど優しい岡田さんが、心ない言葉で傷付きませんように。

 

 

 

 

 

前のエントリーであんなにテンション高めのブログ書いたのにこの落差。精神不安定かよ。不安定だよ!!!オタクはいつだって!!!!!!不安定だよ!!!!!!!!(怒)

 

 

 

 

オカダさん!

 

祝福スタンスの人間ですので無理な方戻るなりなんなりしてください!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オカダ〜〜〜〜オカダさあん〜〜〜〜おめでとうございます〜〜〜〜!!!!!!!

 

 

 

 

フライングで広まってしまったの笑ったし(笑えない)イブにぶっ込んでくるのも笑ったけど(笑えない) まさか5億の豪邸にひとりで住むはずないだろうから、近々くるんじゃないかな〜と思っておりまして、結婚自体は心のどこかで予想していました。勝手に年明けか春だろうと思ってたので思ったよりはやくて動揺しましたけど……

 

 

 

 

そんなこんなで(どんなだ)24日の朝までは動揺したしビックリしたし、言葉にできない謎の感情に陥っていましたが、バイトから帰ってきて例の赤い封筒の中を見たときに一番最初に浮かんだ感情は「嬉しい」でした。「メンバーの幸せは僕たちの幸せ」「5人には幸せでいてほしい」「(5人が)元気で幸せで笑顔でいてほしいし、仕事もうまくいってほしい」と言う岡田さんを見るたびにこっちはオカダにも幸せになってほしいんだよバカヤロウ!とずっとずっと思っていて。愛する人と人生を共にすることが至上だというわけではないけど、結婚は最上級の幸せのひとつですからね〜。

 

  

 

 

剛くんと健くんのコメントもそれぞれらしくてキュンとしました。剛くん去年のベスアでもおんなじこと言ってたよね?(笑)健くんのコメントもすごくお兄ちゃんで、本当に末っ子の幸せを願ってるんだなと感じたし、なにより後半のコメントが流石だなと思いました。けんくんは手厚い。いつもわたしたちのことを考えてくれている…彼のコメントを読んでスーーッと感情が和らぎました。本当にアイドルの天才。でも、少し悲しい。まさに「悲しいほどにアイドル」なんですよね彼は。そんなにわたしたちのことばかり考えなくてもいいんだよ… けんくんにはどうかいつも楽しく愉快に生きていてほしいし、常に幸せに囲まれていてほしいです。好きです。

 

 

 

 

祝福することが正しいわけでもないし、かといって愚痴垢を作って陰口を叩くことも絶対に正しくはないと思います。間違っているとは断言できませんが。オタクの数だけ感情はあって、アイドルの結婚は難しいなと苦しく思ったりもしている。勝手に好きになって勝手に離れていくのに、なんだか寂しい気持ちになったり怒りを感じてしまうわたしたちの感情は複雑ですな…

 

でも「こっちがどんだけ貢いできたと思ってるんだ」は「誰が稼いできたと思ってるんだ」「誰がお前を育ててきたと思ってるんだ」と同じ意味合いに所属している気がします。なんとなく。そして「事務所と彼には懲り懲りです」「こっちの気持ちを何も考えてない」等のコメントはどうしても、どうしても受け入れられない。私たちは恋愛をするのに、オタクのエゴで適齢期を過ぎた彼らに10代20代の頃と同じようなアイドル像を求めるのは申し訳なくて苦しくて、私はできない。V6は年齢を重ねていく毎に新しいアイドルのかたちを生み出しているグループだと思ってるよ。 考えてないことないと思うけどなあ。そこまで無配慮なら20年もアイドルしてないよ、絶対。ちょっとデリカシーないのはアイドルとしての意識とかじゃなく性格の問題だよ多分…(やめろ)アイドルだからって聖人君子じゃないしね。

 

話がどんどん要議論モノになっていく…

 

 

  

 

閑話休題

  

 

 

今回のことを通して改めて感じたのは、わたしがV6に求めていることは「V6でい続けてくれること」だということ。6人がずっと仲よく、楽しくやりたいことやってくれるだけでもうわたしは充分幸せだなということ。踊れなくなったって活動のペースが落ちたっていい、ただ6人が6人でいてくれるだけでもう有り難い。精神が安定する。(※個人の感想です。)

 

 

 

 

14歳で東京に出てきて、突然光り輝くステージで歌い踊るアイドルになって、人生で一番悩み、考える時期を消費されるコンテンツとして過ごした岡田少年が「東京での家族」を見つけたことを思うと胸がギュッとします。「ずっと自分の中の父親像を探しながら生きてきた」と言っていたオカダはどんな家庭を築いていくんだろうなあ。どうかどうか末永くお幸せに!本当におめでとうございます♡

 

 

V6 ワンズコン覚え書き

 

コンサートが終わってしまった~~~!!!!!ア~~~~~!!!!

 

 

 

ということであとで見返すための備忘録を書き残します!

とはいうものの私は8/13名古屋、8/19福岡で入らせて頂いたので正直記憶が曖昧。

でも初ジャニコンだったから!今年!記念すべき初コンサート!明日テストだから正直こんなことしてる場合じゃないけど絞り出して書く!

 

 

 

 

 

《セットリスト・演出》

基本的に名古屋のときの記憶で書く。なぜか福岡より名古屋のが記憶ある。

 

1. Can't Get Enough

  勝手に1曲目はneverだと思ってたから、ごうくんのクソエロいパーマの映像で舞い上がったあとにゴリゴリの低音が爆音でフェードインしてきて思わず「そこかーーーーー!」と叫ぶ。イントロとともにスポットライトとスモークを背負った6人のシルエットをみてぶわーーーって鳥肌立って記憶を失いかける。

 

 

 

 

2. never

 1曲目で興奮状態に陥ってたから名古屋での記憶ほんとにない。福岡のときは「ああ…踊ってる…シブヤノオトで踊ってたフリ踊ってる…」って思ってた。多分。

「とっぎれた衝動~」ってとこのごうくんの覇王感すごくないですか。えろくないですか。

 

 

 

 

3. BEAT OF LIFE

 記憶を失いかける(2回目)。あのイントロ流れた瞬間ほんとに意味分からんくらいテンション上がって叫びそうになった。邦ロック畑からきた人間だから「ウオーーーーーー!(低音)」と叫びだしそうになる自分を必死で抑えてた。でもごうくんのじがじが!で黄色い声を出せたのでまだいけるなと思った(何が)

 後ろの映像の色味とデザインがすごい好きで、見たいけど6人が踊ってるのみたい!くそう!私に目が4つあれば…!とかか本気で思ってた。

 

 

 

 

4. SOUZO

 ダメダメ!想像しちゃうぜマジ!!!!!!坂本さんが大人の色気でオンナたちを堕としていくところを!!!!!(DIS大好き芸人の血が騒ぐ)

 バクステで下からなんかスタンドマイク出てきて!!!!!!!!!!ってなってそのマイクがカラフルに光って挙句の果てに勝手に曲がりだしたときに!?!?!?!?!?ってなった!!!!!

 

 

 

 

5. HONEY BEAT

 福岡で一緒に入ったセクゾ坦友人がめちゃくちゃテンション上がってサビ一緒に踊ってた。しょ、少プレ…!わたしもいつもテレビ越しだった「笑ってー!」をみんなで一緒に出来てうれしかったです。センター試験の日の朝に聴いてた記憶がよみがえって泣きそうになった。

 

 

 

 

6. Beautiful World

 長野くんの曲~~~!!!!(違う)相変わらずの多幸感。君となら世界はこんなに美しいんですよ… 非オタの友人にも「この曲好き!」と言われることが多いびゅーてぃふぉわー。2016年の音楽番組で歌い続けたもんね!私も好き!イライラしてても穏やかな気持ちになれる!FNSで秦さんと一緒に歌ったの嬉しかったなあ…話がそれたなあ…

 

 

 

 

7. Answer

 坂本帝国爆誕。

 あの4分弱完全に我々は坂本帝国にいた。主(あるじ)を見守ってた。

 坂本くんのフェイクが会場内に響き渡ったとき会場中のオタクの目がハートになったよね。抱いてくれ。

 

 

 

 

8. Remember your love

 マジで記憶がない。自担のプロデュース曲なのに…「飛び立ったロケットは無事帰るかわからない」井ノ原くんがヤバかったことは覚えてる(語彙力)この曲好きなんだよなあ。健くんのプロデュース力、本当に信頼している。記憶が飛んでいる自分を恨む。坂本帝国のせいです。

 

 

 

 

9. Round&Round

 思わずヒ、ヒロシ~~~!と言ってしまうイントロ。このへんから徐々に冷静になってきて「ああわたしコンサートという空間にいる…ペンライトふってる…ぶいしっくすはめっちゃ踊ってる…」ってなってた。PVの通りめっちゃ踊ってた。やっぱほんとにずっと踊ってんな…って思ってた。

 

 

 

 

10. 刹那的Night

  名古屋でみたとき、まだMステ出る前だったわけです。わかりますか?わかりますよね?前情報なしで間奏で急にガシガシ踊るのを生で見せつけられて脳からドーパミンが出ました。謎の柵がおりてきて6人が昇華していくのを見て「アア………アアァ………」ってカオナシみたいな声が出ました。

  個人的に前半のピーク。マネキンチャレンジしながらセンステに行くのめっちゃ好きだった。お顔が美しい人たちがマネキンチャレンジしてるの興奮した(性癖)。

 

 

 

 

 

11. COLORS 

    抜群の安定感。COLORSの振り付けは手先の動きが印象的で手フェチとしてはとてもありがたく、最高。気づいたら周りがみんな双眼鏡を取り出していて、こ、これがジャニーズの現場……!ってなった。  

 

 

 

 

12. by your side

    メンバーがトロッコに乗り始めて、焦る。福岡、5列ほど前にトロッコ。ヤバイ。くる。近い。無理。死ぬ。きた。きた……!

「か、顔がかっこよすぎる………!」

 

ほんとにかっこいい。わかってる、わかってるんだけど1m先のV6全員顔がめっちゃかっこいい。みんなキラキラしてたけど健くんのアイドルオーラえぐかった。38歳、キラキラしてた。名古屋は売り切れ、福岡は開演ギリギリだったせいで剛くんのうちわを持って参戦したので健くんとバリバリ目があったけど「あ、剛のファンね」みたいな感じだった。健くん………!なぜわたしはあなたのうちわを持って入らなかったの………!健くん………!あなたが好きなのに………!というジレンマがありつつも岡田の顔面美にやられた。いや岡田さん顔めっちゃ綺麗な……知ってたけど……後日友だちに「岡田准一の顔はマジで美しい」って言ったら「いやそりゃそうでしょ」って言われたけど違うやん!?!?あんなにMCで5歳児みたいなキャラしといてその美しさは違うやん!?!?

あとセクゾ担が「長野くんがテレビで見るよりアイドルでびっくりした」って言ってきたから全力で「そうでしょ!?!?!?長野くん貴公子だから!!!!」って言っといた。

 

 

 

 

13. Believe Your Smile

  by your sideとくれば…!と思ってたら案の定きた。好き。健ラヂで触れてくれたやつ………健くん………好き…………って感じでアホ丸出しだった。完全にロッコの余韻にやられてた。ビリスマの明るいのに泣ける曲調ズルイよね。ミュージック・ライフもだけど。V6は「楽しいのに切ない」が似合うよね。

 

 

 

 

 

14. 会って話を

    カミのぐだぐだMCに笑ってたら急に大人の色気持ってこられて脳みそが処理できなかったよね!!!!!いやいやおじさんたち色気ありすぎかて!!!手!動き!目線!何!何なの!やめて!わたしのHPはもう0よ! 

     TTTにインプレッションされて作られた曲って知ってたからTTT行けなかったのを悔やみながら、手を胸の前で組んで見てた。(オタクあるある) また3人でおもしろいことやってね……次は行くからね………

 

 

 

 

 

15. 足跡

   センステの白いふわふわの行方しか見てなかった。名古屋はすごく綺麗に舞ってて幻想的だったんだけど、福岡は何回もシュ〜ン…………って落ちちゃって、その度にスタッフさんが取りにいって風に泳がせて大変そうだった。その動きをずっと見てた。

 

 

 

 

 

16. 太陽と月のこどもたち

    長場さんのイラスト、すごくよかったなあ。もともと初めて聴いたときから好きな曲なんだけど映像もすごく合っててよかった。あの映像みんなのうたで流してほしい。みんな幸せになれる。場つなぎを場つなぎにさせないの、V6のコンサートの好きなところ。

 

 

 

 

17. DOMINO

   アーーーーー!ドーパミン再びーーーーー!

アルバム曲の中でもすごく好きで、コンサートどうするんだろう……って思ってたけど最後けんくんがカミ2人を召喚したところでアーーーーーー!ドーパ

 

 

 

 

 

18. Get Naked

    問題の楽曲。

    最初バサーーーッ!って幕降りてきたとき、え!?スパノバ!?って思ったけどスパノバよりやべえのがきた。まじで記憶どころか意識を失いかけた。「ねえどんなに逃げようとしたって 僕からは逃げられやしない」で ドアップのけんくんきて アーもうダメだ。これはダメだわ。無理だわ。ってなって「かっこいいやつならいくらでもいる でも俺にメロメロなんでしょ?」でマジでよろめいたから。後ろに倒れかけたから。直視できなくて目細めだしたから。途中からもはや腹立ってきたよね。ハ?この演出考えたの誰?オタク全員この場で殺す気なの?カミングセンチュリーボーイズはどこにいったの?岡田さんの流し目なんなの?

  お願いですからマルチアングルをくださいエイベックスさんよろしくお願いします(土下座)

 

 

 

 

 

 

19. SPARK

    ごうくんをずっと見てた。6人を見てたけど、気づいたら森田剛さんに釘付けだった。絶対ごうくんSPARKのダンス好きじゃん………めっちゃ楽しそうじゃん………ブイオタあるある「他担もみんな森田剛さんに惚れる」の法則が無事わたしにも適用された。ごうくんのダンスって何であんなに目がいっちゃうんだろう。軽いんだよな。地上から2ミリくらい浮いてるだろってくらい軽やかなんだよな……SUKI………

 

 

 

 

 

 

20. MANIAC

   素晴らしマニアック!この曲、ダサくなるかオシャレになるか紙一重だと思ってたんだけど、ちゃんとおシャンティーだった。それにしてもイントロの チャラーン♪ /  はズッコケそうになるな。好きだけど! 改めてエンターテイメントへの直球ど真ん中歌詞だなと思いながら聴いてた。「自分を表現する 人を笑顔にする それって同じことかもね」 エンターテイナーだから歌える歌詞。

 

 

 

 

 

21. レッツゴー6匹

   「始まるよ〜」って聞こえて会場が「わあああ〜♡」ってなったのアー好き!ってなった(笑)わかる。キャー!でもぎゃー!でもなく「わあ〜♡」だよね、わかる。 

      ラスサビで6人が横一列で肩組んで歌いはじめたのをみてなんかわからんけどじわーっと泣いた。6人とも楽しそうだったなあ、幸せだったなあ。これからもずっと仲良しでいてくれ、、、

 

 

 

 

 

22. Sexy.Honey.Bunny!

    坂本さん!!!!抱いて!!!!

マサが優勝してた曲です。多分2回目のトロッコきてたよね?多分ね、井ノ原くんの背中を拝みながら「腰ほっっっそ!!!!尻ちっっっっちゃ!」って叫んでた。多分。どこかのタイミングで井ノ原くんの見事な逆三角形体型を至近距離で浴びて頭のネジが飛んだんだけど多分ここ。

 

 

 

 

 

23. グッディ!

   ごうくん!!!!好き!!!!

こっちは森田さんが優勝してたね。岡田さんが「セクスィー!」と「シェキラ」でなんか騒いでたレポ流れてたけど(言い方)、わたしが入ったときはまだそんなに騒いでなかった。でもシェキラ!にはなんか言ってた。多分。もうこの辺ほんと2度目のトロッコでまた顔の美しさにやられてたから記憶ない。  

 

 

 

 

 

24. 愛のMelody

   好き…………20周年コンみたいに1本指2本指3本指って徐々に増やしながら手叩きたかった〜〜〜〜〜!サビの手振りはめちゃくちゃ楽しんでやった〜〜〜〜〜!

   普通に歌詞の話するけど「思い出の数が 支える恋だから」ってすごくないですか?思い出の数に支えられて生きてるオタク、そう思います。

 

 

 

 

 

25. MUSIC FOR THE PEOPLE

   ここ!名古屋!なかったんですよ!福岡で!あのイントロかかって!めっちゃびっくりしたけど!1分後には「フッフー↑」ってノリノリで叫んでた。やっぱテンションあがる。MFTPは麻薬。

 

 

 

 

 

26. 愛なんだ

   イエーーーーイ!って叫ぶの楽しかった!!!隣でセクゾ担ノリノリだったから少クラ………ってなった(2回目)。大型特番で飽きるほど聴いてきたけどそれでもやっぱり好きなんだ。愛なんだ。

 

 

 

 

 

27. ボク・空・キミ

   The Oneで本編締めると思ってたから井ノ原くんが「最後の曲です」って言ってこの曲流れ出したときびっくりしたけど、そういやインタビューとかでもみんなこの曲大事にして生きたい(要約)みたいなこと言うてたな〜とぼんやり。ごうくんは音数少ないのが好みなのかな〜。ごうくんっぽい曲だよなあこれ。穏やかであったかくて優しい音。ごうくんって健くんとは違うベクトルの少年性を保ったまま大人になったひとだよなあと常々思ってる。

 

 

 

 

 

En1. The One

   岡田さんがにやにやしながら手を伸ばして5人のほうに近づいていって、6人で集まったままユラユラ揺れだしたときエモさで焼ききれそうになった。20年たってもそんなことするんだ……そんな……そんなピュアなことするの………そんな楽しそうなお顔でユラユラするの…………うう…………尊い……………

 

 

 

 

En2. ハナヒラケ

   健くんがあざとくて可愛くてわーーーー!って言いながら健くんを見つめてた………あのお衣装ズルすぎませんか………38歳、ゴリゴリにアイドルだった………

  あと名古屋のときは岡田さんの色紙が5m先くらいの天井に激突したから辺り一帯が騒然としてた記憶ある(笑)え……なに……?どっから飛ばしたのあれ……やばい……ってみんな言ってた。ほんとにすごい勢いで飛んできた。怖かった。

 

 

 

 

   

En3. WAになっておどろう

  坂本くんが「また明日からもがんばろうね〜!」というようなことを言ってくれたと記憶してるんだけど、わたしが好きだった(今も好きだけど)flumpoolというバンドも、「明日も胸張って生きていこうぜ!」って言ってライブを締めてくれるひとたちで。思い出を糧にして生きてるタイプの人間なのでそうやって言ってくれるのがすごく嬉しいのと同時に、ああ、もうこの夢みたいな空間も終わってしまうんだなと思って胸がぎゅっとなった。あれを言ってくれたのが坂本くんってところがまた嬉しかったなあ。

 

 

 

 

WEn1. Cloudy Sky

   健くんがアンコ終わりに溜めて溜めて投げチューしないで裏に戻ってからのオタクの一体感すごかった(笑)ボルテージ最高潮。全力で叫ぶ叫ぶ(笑)投げチューひとつでここまでオタクの一体感を生み出せる自担ヤバすぎて興奮してた。歌い終わってから泣きマネして投げチューしてくれたんだけど、隣のLDHオタ坂本ファンが度肝抜かれてた。38歳アイドルの力………

 

 

 

 

 

 

《各メンバーについて》

 ・坂本くん

     最初から最後まで帝王だった。プロフェッショナルだった……ほんとに会場の全オタクを抱いてた………のくせにMCで急にかわいくなるのやめて………ゲラゲラ笑って聞いてたら突然坂本くんが喋ってないことに気づいて、え?死んでね?(ミッションV6)と思ったけどニコニコ笑っててほあ〜〜〜パパ〜〜〜〜ってなった。踊るアイドルとして前人未到の域に入った坂本さん、ずっとずっと健康でいてください。無理はせずに………お酒もほどほどに………  

 

 

 

・長野くん

  いや知ってたけどメンバーみんな長野くん大好きかよ。MCでも曲中でも長野くんの周り常に人いたよ。特にカミだけど。ニコニコしてカミたちに相槌打ちながら「(デザート食べに連れてってよ!って喚く井ノ原くんに対して)じゃあ再来年くらいに誘います」って真顔で言う長野くんに興奮した。たまにゾッとするくらい冷酷なところも好きだよ。岡田の愛を受け止めきれなくなってきてちょっと戸惑い気味だったのかわいかったよ。

 

 

 

・井ノ原くん

  腰!!!腰!!!!井ノ原くんの腰を至近距離で拝めただけで元取れたよ!!!最高に二次元体型だったありがとう!!!サイコー!!!MCは相変わらずクソテキトーにしゃべってたけど、今年は暴走機関車(岡田)がいたから大変そうだった(笑)でもV6のMCの面白さはやっぱり井ノ原くんがいるからだなと思いました。あと前髪がとてもエロくていらっしゃって本当にありがとうございました。レポでコンサート仕様の前髪という発言をしたと聞いて大変興奮しました。さようなら井ノ原くんの前髪。また次のコンサートで会いましょう。

 

 

 

・剛くん

  坂本さんが帝王なら森田さんは覇王だった。

 OP映像の森田さん、全世界を破滅させる力を持ってた。オタクはすぐ話を世界基準にしたがる。ありがたいことに爆イケふわふわパーマ子犬森田剛を生で拝めたので、我が生涯に一片の悔いなしって感じです。そしてやっぱりごうくんのダンスはすごい。人を惹きつける何かを発してる。6人とも上手いし、流れるようなフォーメーションにすごく興奮するんだけど、ふと気づくと目がごうくんを追ってる。高校生の恋愛みたいなこと言ってるけどこれマジだから。何度も言うけど「とっぎれた衝動〜」の森田剛さんヤバイから。

 

 

 

・健くん

 アイドルだった。自担、めちゃくちゃにアイドルだった。わたしは健くんの職業アイドルなところが好きで、見られること、消費されることに自覚的なひとだからこその言動に堕ちたのだけど、このひと本当に心からファンのことを想ってくれているんだろうな…………というのをコンサート中ずっと感じてた。それでも「キミ」ではなくあくまで「ファンのみんな」を愛してるよ、とラインを引いてくるの、もう堪らなく好き。勝手に感じてるだけだけど。「俺のハニー」とか言いそうなくらいアイドルなのにそういうことは決して言わないところも愛しい。コンサートで可愛い女の子は見ちゃうよねって正直にいうところも好き。天性の人たらし、奇跡のおじさん、38歳、職業アイドル三宅健。好きです。これからも私たちを手のひらで転がしてくれ。

 

 

 

・岡田さん

一体全体どうしちゃったのかな???ってくらい自由だった。あれが素のオカダなの?それともテンションが限界突破しちゃったの?「お仕事が入ってないから気が楽」と言って楽しそうにお兄ちゃんズをいじり、MCでは訳わかんねえことばっかり言って周りを巻き込み、ひたすらヒロシのモノマネと長野ポイントに命を懸けてた岡田さん、突然のキャラ変にびっくりしたけど、でもめちゃくちゃ楽しそうで嬉しかったな。「メンバーみんな幸せでいてほしい」と願う岡田さんに幸せでいてほしいと願うオタクなので、何も背負わずに自由に動き回る末っ子オカダが見れて嬉しかったです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はあ〜〜〜〜自分で書いといて思い出してまた余韻に浸っている、、、 V6を好きになってよかったなあと何度も何度も何度も思えたコンサートでした!

 

 

 

 歌って踊れて仲良しな平均年齢40歳超えのアイドル、最強じゃないですか?「ジャニーズの最終形態」という文面を何度か見かけたけど、今のV6、本当にすべてのドルオタに見てほしい。最強で最高なアイドルですよ!

 

 

 

 

わたしがV6に出会うまでにファンでいてくれたすべての皆様と20年以上走り続けてきた6人 本当にありがとう!最高の夏でした!また次のコンサートを楽しみにしてます!Eyes to Eyes聴きたいです♡(私利私欲にまみれたオタク)

 

 

まずは早急にWOWOWを契約せねば……!