読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘い青をした夕空

Twitter @vvv_1206

V6ドリフェスのセトリがすごい

 

けんくんは天才でした。

 

 

まず大前提として私は今日模試をシバいてたので、代々木には行ってない。

でもなんせ今年唯一のLIVEですから。あの後出しじゃんけんに勝った猛者たちのレポが流れてくるのをそれはもう楽しみにしていた。

 

午後4時過ぎ。そろそろかな~!なんて軽いテンションでTwitterを開く。

 

 

 

えっ・・・なにこのセトリ・・・?

 

(情報難民でまだテレガイもポポロも買っていなかったわたしはこのときまだ総合演出:三宅健の存在を知らなかった)

 

1.MUSIC FOR THE PEOPLE
2.TAKE ME HIGHER
3.Believe Your Smile
4.HONEY BEAT
5.fAKE
6.will
7.SP~Break The Wall~
8.Beautiful World
9.over
10.wait for you
11.Darling
12.CHANGE THE WORLD
13.愛なんだ
14.WAになっておどろう

 

(参照:【V6】10/23テレビ朝日ドリームフェスティバル2016(ドリフェス)☆セトリ&レポまとめ | Johnny’s Jocee )

 

 

 

これでもいわゆる「ロックフェス」には何度か足を運んでいるので、フェスのセトリの組み方や演出のむずかしさはとてもよくわかる。

 

ワンマンを[自分たちのファン向け=コアなところまで突っ込んでいける] と定義するなら、

 

フェスは [初見も自分たちのファンも飽きさせない、まさに「みんな」が楽しめる] ものにしなくてはならない。

 

実際にフェスで初めて見て、そっからワンマンに行くくらいハマったバンドも何組かいる。フェスはひとつのチャンスであり、賭けだと思っているので、別にフェスで盛り上がることがすべてではない、でもせっかく出るならV6もどうか盛り上がりますように、と思っていたら、どうやら想像以上だったっぽい。

 

 

なんでこんな天才なセトリを…と思って帰りがけに買ったポポロ家帰って速攻読んだらすべて三宅さんの作為だったことを知り膝から崩れ落ちた。

 

もうポポロ12月号読んだら全部わかるから買え。読め。あのレジに出すときちょっと照れてしまう表紙を。今月はオレンジだよ。って感じなのですが、ここだけ引用したい。

 

当初はあえて全曲フルコーラスで歌う構成も考えたんですよ。でも、めまぐるしく曲が変わる構成のほうがV6の時間をみなさんに楽しんでもらえるだろうし、”ジャニーズらしさ”が演出できるんじゃないかな?と方向転換しました。  (ポポロ 2016.12)

 

 この嗅覚。天才かと思いました。

 

 

実際、バンドってやっぱりフルコーラスが前提なんですよ。だから限られた40分、50分の中でMCのことも考えたらできて6曲。それがどうですか上をみてください。

14曲。倍以上。行ってないから予想でモノしゃべってますけど、MCも衣装替えもあったこと考えると1曲3分くらいかな?これはジャニーズだから、アイドルだからできることなんだよねやっぱり。健くんテレガイにサマソニ行ったことあるって書いてたけど(それもびっくりだけど)そのへんの制作側の話とか知ってたんだろうか…

 

 

 

 

 

わたしが流れてきたセトリを見て一番に思ったのは、構成のうまさだった。ということで独断と偏見で今回のセトリを4つにわける。

 

  1. MUSIC FOR THE PEOPLE ~ HONEY BEAT
  2. fAKE ~ SP
  3. Beautiful World ~ wait for you
  4. Darling ~ WAになっておどろう

 

 

フェスのセトリ組むのうまいバンドって

代表曲〜攻め曲〜最新曲〜盛り上がれる曲

というパターンが多いと勝手におもってるんだけど、今回のVのセトリはまさにそんな感じだったように思う…

 

 

まず第一部。ここはいわゆる「代表曲」パートですよね。みんな知ってる、聞いたことある曲たちを一番最初に持ってくるのは正解だよね。(誰) だって最初から知らない曲されても盛り上がらないもんね……

 

そして次。ここ重要ですよ。まさかfAKEをやるとは。 健ラヂで「王道で」みたいなこと言ってたのは知ってて、まあでもSPくらいはやるよな〜、他はどうなんだろ〜って思ってたら、まさかの。しかも映像演出付きで。ここの3曲って、いわゆる「カップリング曲」「アルバム曲」ですけど、勝負できる曲っていうか。ファンじゃない人も聴いたら「かっこいい!」ってなる曲たちだと思うんですよね。「V6ってこんな曲もあるんだー!」っていう。この選曲センスやっぱりハンパねえ。ハンパねえよ。

 

そしていわゆる「最新曲」Beautiful Worldとwait for you。overはこの定義に当てはまらないけど、BWとwfyはいわゆる「最近テレビで聴いた!」曲なわけで、知ってる人も多い気が。攻め曲のあとにここで最新曲のパターン。

 

最後は盛り上がれる曲たち。愛なんだやWAは代表曲にも入りますけど、みんなで盛り上がれるからね。「盛り上がれる」かつ「代表曲」、今回は「盛り上がれる」という側面を選んだのかなと、、、Darlingとかみんな好きだもんね。茶の間曲だよね、要するに。

 

(そしてこれ書いた直後 ハニビのあとにMC、SPのあとに衣装替えしたと知って震え上がるわたし)

 

 

これでまたトロッコ出したり字幕出したり特効出したりしたんですよね?いや〜すごい。ほんとすごい。行き届いた隅々までの配慮と培ったエンターテイメント性。こりゃ好きになるわ。多分わたしが今日星野源を観にドリフェスに行ったとしてもV6好きになってた。それくらい素晴らしい、完全にフェスの勝者だよ。(星野源も好きだよ、「YELLOW DANCER」最高だよ)

 

やはり20年選手のベテランたちは盛り上げ方を知ってるしお客さんを惹きつけるの上手ですよね。すごい!わたしは常々ぶいしっくすにフェスに出てほしいと思ってたんだけどやっぱり正しかった!そしてまたドリフェスのあの形式とか他アーティストとの組み合わせとか場所が代々木だったとか、もうすごく完璧なタイミングに完璧な形の国内フェス初参加だったよ!熱烈オファーしてくれたテレ朝のプロデューサーさんサンキュー!V6もサンキュー!健くんもサンキュー!待機組にも愛のあるメールが届いてにこ健°にもかわいいお写真上がって、わたしたちは幸せです!またフェス出てね!!!!でもその前にはやくコンサートやって!!!!